名刺に関する情報が満載!

私、こういう者です

名刺交換で差をつける!印象的な名刺を作ろう

日ごろから様々な会社の方と名刺交換をされるビジネスマンはたくさんいらっしゃると思います。
しかしたくさんの中から、一目見るだけでどんな人だったか思い出せる物というのはとても少ないのではないのでしょうか。
そんな名刺ですが、印象に残る物はまず見た目が第一です。
真っ白な紙に会社と名前と連絡先だけでは、印象に残ることはまずありません。
デザインや色にもこだわった物で、相手に覚えてもらうことが大切です。
会社から支給された物でも、自分でスタンプを押してみたり、シールを貼って印象付けるという方法もあります。
もし自分で作られる場合には、是非顔写真やイラストを入れることをお勧めします。
顔を入れておくと、あとで見たときにすぐに思い出すことができますよね。
最近ではデジタルで管理される方も多いですが、その中でも、これは素敵で捨てるのがもったいなぁと思わせるようなものは必ずありますよね。
あなたもそんな一枚になるように工夫して名刺作りをしてみてはいかがでしょうか。

【新入社員必見!】これで決まり!名刺交換で自分を売り込む!

この春からサラリーマンという新入社員で、絶対必要になる行為が名刺交換です。
名刺交換とは、ただ、取引先と挨拶するだけでは無く、自分を売り込む絶対的なビッグチャンスです!取引先と挨拶するにあたり最低限、清潔な格好や正しく丁寧な言葉遣いは勿論ですが、そこにワンポイント付け足しましょう。
例えば、同じサイズの用紙に自分の好きな食べ物や、好きなスポーツ、好きな野球の球団などなど・・・。
とにかく自分の”好きな”ことを書き込みましょう。
新入社員の頃は“取引先”というフレーズだけで、緊張したり、相手に萎縮してしまいますが、相手も私達と同じ人間です。
相手もあなたの好きな事がわかれば話を広げようとしてくれますし、もし共通の好きな事がわかればラッキーです。
その場で共通の話題で盛り上がるのは勿論、今後その取引先に訪問した際「最近あそこの球団は調子悪いですね~」等、好きな話で一通り盛り上がった後にスムーズに商談に入れます。
家電量販店等で名刺サイズのフリー用紙が販売されていますので、ぜひこの春から試してみては如何でしょうか。

最終更新日:2016/3/17

▲TOPへ