名刺に関する情報が満載!

私、こういう者です

名刺も差別化が大切でデザインが最も重要な内容になります

名刺を作成する場合、デザインの良い物は多少付加価値として費用が大きくなる事があります。
名刺と言う物は、沢山刷り上げ、一人でも多くの人に配れば効果を発揮する物では無く、覚えてもらい記憶に残す事が重要です。
例えば、白い折り紙の中に、赤い折り紙が一枚入っていれば、それを見つけるには容易です。
差別化によって他の白い折り紙が、赤い折り紙を引き立てているためです。
名刺も同じ事が言え、沢山の白い内容の中にデザインが良く、白以外の内容の物があればすぐに見つける事が可能です。
他の内容を探している間にも目に止まり、記憶を想起させる事によってより記憶が強まる可能性もあります。
デザインは、ただ文字の形体が良かったりするのでは無く、全体的な背景を白以外の背景で作成する事がポイントの一つになります。
予算に余裕があるのでれば、コーティングを行い光沢を作り出す事もお勧めの一つです。
一般的に多くの費用を使わない内容に費用をかける事は、意識が細かく配慮を行う企業として、又は、その稼ぎがあり信用を得ている企業としての示す効果を得る可能性があります。

デザイン名刺で工夫したおしゃれに

名刺といえば社会人の挨拶として欠かせないアイテムです。
しかし今趣向をこらし、デザイン性に優れているもの多いと話題になっています。
会社の特徴や仕事内容をいかしたものが多く、料理サイトの会社では名刺が献立になっており、一人一人が違うメニューになってます。
全員の社員を集めると一つの料理BOOKが完成する、こういう工夫がある事で働くことの楽しみが増え、貰う側も覚えやすくなります。
また本格的に趣向を凝らしたものも多く、折りたたみのものや四角形、丸型でコインのようなものなど、従来テンプレとされていたサイズではないものも増えています。
またクリア素材を使用したものもあり、紙ではないものも使用する方がいます。
オリジナリティーあふれるものを使うことで更に仕事をする楽しみが増し効率が上がります。
名刺一枚だけでこの人がどういう仕事をしているのか一目で分かる、そんなものがもらえるとこの人と仕事がしてみたいという好奇心がより多くなります。

おすすめWEBサイト 5選

Last update:2016/6/10

▲TOPへ