名刺に関する情報が満載!

私、こういう者です

オリジナルの名刺を作成するポイントとは

名刺は自己紹介をする方法として使うと効果的で、個性を出すためにオリジナルのデザインを考えると効果的です。
自己紹介をする時は相手に興味や関心を持ってもらえるようにする方法が望ましく、個性的なデザインを決める方法が最適です。
オリジナルのデザインを考える時は外部の業者に依頼してサンプルなどを参考にすると便利で、必要な枚数を考えて費用を安くする方法を探すと効果的です。
名刺は自分自身のプロフィールなどを紹介する方法として使う方法が一般的で、名前や連絡先などの基本的な情報を伝える方法として活用できます。
デザインの決め方は好みのキャラクターや風景などを盛り込むと雰囲気を出しやすく、多くの枚数を作成する時は専門の業者に注文すると効果的です。
自己紹介をする方法は基本的な情報を先に伝えると効果的で、氏名や連絡先などを伝えてから詳しい内容を伝えるように段取りを決めると効果的です。
オリジナルの名刺を作成するポイントは個性を出せるようにレイアウトを考えることが重要で、多くのデザインの中から選ぶ方法が最適です。
自己紹介をする時は内容が長くならないように基本的な情報を先に伝えると効果的で、初対面の時には紹介する段取りを決めて最適な方法を考える必要があります。

名刺交換に知っておきたいマナー

まず名刺とは、肩書きや、連絡先等が記載されている物です。
中には、顔写真やメールアドレスが記載されている物も、最近は増えてきました。
名前が難しい方や、珍しい方はフリガナをふる事により、相手にも印象良く伝わるでしょう。
そして、自己紹介が苦手な方は、名刺を渡す事によって、自分を知ってもらえるので良いですね。
相手により知ってもらえるように、一言添えるのも良いのかも知れません。
保存性などの理由で、厚い紙が多く、人の手より小さいサイズの物が一般的になっています。
サイズは、基本的に55×91mmになり、業界では4号と呼びます。
交換する際に大事なのは、名刺を常に忘れず、切らさない事です。
そして、交換する際の順番ですが、始めに目下の物から差し、複数の方と交換する場合は、順番に注意しながら渡すのがマナーです。
一番の格上の方から渡します。
自分から差し出す場合は、机を挟まず低い位置で両手で受け取り、受け取り後は、左側に置き、着席順に並べます。
受け取り後もきちんと整理し保管しましょう。
自分の名前と会社名等を覚えてもらえる事で、スムーズな仕事が出来る事です。
マナーを覚え、相手の第一印象に残る交換が出来たら良いですね。

pickup

大阪で店舗デザインのことならお任せください。

店舗デザイン 大阪

最終更新日:2017/11/17

▲TOPへ